2011年7月29日 星期五

2011年7月29日 星期五

【新聞】TAIJI密葬,未婚妻和朋友們都不知道他被葬在哪






TAIJIさん密葬 婚約者、友人らも知らぬ間に



     今月14日に米国自治領サイパン島で自殺を図り、病院搬送後の17日に死亡したとされる「X」の元ベース奏者TAIJIこと沢田泰司さんの遺体が、極秘に日本に戻り、すでに千葉県内で密葬が執り行われていたことがわかった。



http://www.tokyo-sports.co.jp/touspo.php



     

     TAIJI的遺體已經極其秘密地從美屬塞班島回到日本,並在千葉縣內進行了密​葬。密葬應該是在28日進行的,但這件事連未婚妻赤塚友美都不知道,簡直​就像是在密室中進行的勾當。與TAIJI有深交的音樂人十分驚訝的說:『什麼時候從塞班運回​來的,以什麼樣的形式處置了遺體,全部的過程都是在暗中秘密進行​的。有一些消息說這禮拜會回來,但完全沒想到,不知什麼時候遺體就已經在國內了,甚至已經被密葬了』..







     ますます不可解に…サイパンで自殺したTAIJIの遺体が秘密裏に帰国? すでに千葉県内で密葬か!?




     航空機内で暴れたことを理由に逮捕され、サイパン島で取り調べを受けている中、拘置所内のベッドのシーツで首を吊って自殺した元Xのメンバーで、全米でも人気だったラウドネスにも参加していたベイシストのTAIJIこと澤田泰司さん(享年45歳)の遺体が、極秘に日本に戻り、千葉県内で密葬が執り行われていたことが分かった。密葬は28日に行われた模様だが、内容など詳細は婚約者の赤塚友美さんはもちろん、関係者にも知らされず、まさに密室の中で営まれた格好だ。



     「サイパンからいつ戻ってくるのか、どういった形で遺体が安置されているのか、全て秘密裏の中で時間が過ぎていくばかりでした。一部からは、今週中にも戻ってくるのではないかと言う情報がありましたが、まさか、いつの間にか遺体が戻っていて、密葬まで執り行われていたとは…」と、TAIJIと親交のあった音楽関係者は呆れ顔で言った。振り返ると今回の事件は、TAIJIの逮捕時から情報が錯そうしていた。



     「そもそも、7月11日に逮捕され、その後、取り調べ中に14日に自殺を図ったと言いますが、その情報が流れたのは2日も経った16日になってから。しかも、自殺が報じられた後には意識があるとか、喋ったとかといった情報が断続的に流れたが、実際には脳死状態だった。要するに何者かによってサイパンで情報操作されていたんです」(TAIJIと親しかった関係者)



     情報を操作し、日本で心配するスタッフや関係者を混乱させたのは、何と逮捕時にTAIJIと行動を共にしていたYOUプロダクションの北見輝美マネジャーだった。彼女は、YOUプロダクションの社長だが何と、TAIJIが取り調べを受けている時はもちろん、自殺を図って病院の集中治療室で治療を受けている最中も、一生懸命にTAIJIの携帯メールを使って、TAIJIが元気にいることを日本の関係者に伝えていた。こんなことをやって何の意味があるのか、サッパリ分からないが…。



     「どうやら、TAIJIの逮捕後から、自らの保身のためにメールを送っていたといいます。また、TAIJIの自殺未遂後は、逮捕や自殺の責任を婚約者の赤塚友美さんに向けるようなメールもTAIJIの携帯メールから送信していたようです。それどころか、TAIJIの入院中は一度も病室には行かず、彼女が行ったのは、母親と婚約者と一緒だったといいますから、唖然茫然です。要は、現地に同行していたマネジャーでありながらTAIJIの様子は全く把握していなかったことになります」(前出のTAIJIと親しかった関係者)



     いずれにしても、北見輝美は、逮捕から自殺未遂、その後の死去まで全てを知り尽くしているはずだが、今もって全く語ろうとしない。しかも、一時は、公式発表するとしたYOUプロダクションの会長と言われる神生一人氏も、全く姿を現そうとしない。もう、ここまで来たら、真実は語らないだろう。いや、今さら語ったところで説得力なんてものはない。何事も言い訳になるだけ、嘘を隠すために嘘をつく…もはや、TAIJIの死は、このまま闇の中に葬られてしまう可能性さえ出てきた…。これは、とんでもない話である。



     「実は、北見輝美の夫である北見好拡氏は、サイパンの一大リゾートホテル、マリアナリゾート&スパのホテルの社長を務めている。このホテルの経営権は昨秋、YOUプロダクションに譲渡されたといいます。かなり手広い事業を展開していたそうで、サイパンでは、最高裁判長から警察まで、全て手懐けられていたといいます。そういった意味では、TAIJIの逮捕から自殺、その裏事情は全て把握していたことは明らか。しかし、ここまでくると、よほど隠したい何かがサイパン側にも北見側にもあったとしか思えません。実に不可解で、常識では考えられない事件になっています」(大手プロダクション関係者)



     因みに、北見輝美マネと北見好拡氏は、すでに離婚しているとも言われる。このことから「北見輝美は、TAIJIと結婚したかったんじゃないかとも言われています」(関係者)という声もあるのだが…。



     しかし、それにしてもだ。サイパンの警察の取り調べも明らかにされず、サイパンで検視したというが、その結果も明らかにしない、もちろん自殺の原因も分からない。それどころか。TAIJIの首には首を吊った時に出来る痕もなければ、口の周りには粘着テープを貼った痕まであった…という。こんな疑問と状態の中で秘密裏にサイパンから遺体を移送…。外務省もサイパンの日本領事館も一体、今回の事態を把握しているのか?



     「おそらく、役所連中は報告だけで、事態は全く関知していないでしょう。振り返れば三浦和義の逮捕、取り調べもいい加減でしたからね。三浦の時も本来なら最高裁で無罪判決が下っているんだから、外務省も日本政府も、サイパン当局、米国に抗議すべきだったのに何もしないんですからね。今回も同じ。日本人の観光客の生命や財産を守らなきゃならないはずの役人が知らん顔ですからね、これはとんでもない話です。少なくともサイパンは日本人にとって最も危険な島に化しています。写真集の撮影でもサイパンは高額な撮影料を要求されるので外します。今回の事件で、サイパン当局とマリアナリゾート&スパが結託したことは間違いない。今後。日本人観光客もサイパンに行くときは注意が必要でしょう」(前出のプロダクション関係者)






http://022.holidayblog.jp/?p=5799

張貼留言